中国市場のセダンに対する特殊なニーズとは。

ここ近年、自動車メーカーにとってアメリカなどに次いで巨大な市場となりつつある中国市場。この中国市場はセダンが人気ですがその中でもちょっと特殊なニーズがありるのです。その他国と比べて特殊なニーズとは。

近年、成長著しい中国市場において、一番人気があるのは。3ボックススタイルのオーソドックスな4ドアセダンです。これはかつての日本のように2ボックスのハッチバックよりもセダンの方がより高級に見えるからという理由があります。そのため、高級車だけでなくマツダ2(日本名デミオ)のようなコンパクトカーにもセダンモデルが存在するのです。
そんなセダンが好まれる中国市場ですが、他国と比べて特殊なニーズがあります。それはストレッチされたロングホイールベースのモデルが人気であるということです。
このため、各社メーカーは中国市場専用にロングホイールベースのモデルをリリースしています。例えば日本車ではインフィニティQ50L(スカイライン)、メルセデスベンツはCクラスロング、BMWも3シリーズロング、ボルボはS60ロング、アウディもA4Lなどロングホイールベースのモデルは最近ではミディアムクラスまで投入されているのです。
このロングホイールベースベースモデルが人気の理由は、元々中国の富裕層の間でロングホイールベースが人気がありましたが基本的にロングホイールベースのモデルはメルセデスベンツSクラス、してやBMW7シリーズ、レクサスLSなど大型モデルでした。しかし大型モデルよりも求めやすいモデルにロングホイールベースの設定を求める声が大きく、各社メーカー中国専用に大型車以外のロングホイールベースモデルの投入をすることになったのです。

ちなみに上記のインフィニティQ50Lは2014年11月より中国の現地工場での生産が開始されました。この中国市場に特化したモデル、現地にてヒットとなるか楽しみですね。
セレナ 買取

ハイブリッドカーが魅力的

今車を買うならどんな車がいいですか?と聞かれたら、おそらくハイブリッドカーと答えるかと思います。
ハイブリッドカーはとても魅力的に感じてしまうんですよね。
なぜなら、ガソリンと電気の両方で走行することができるからです。
これってよく考えたらすごいことですよね。
最悪ガソリンがなくなったとしても電気を使えば走れるわけです。
個人的には、この「どちらでも走ることが可能」という状態にとても魅力を感じてしまいます。
特に僕は車で遠出をする機会が結構あります。
そんな時に、ガソリンがなくなりそうな状況に陥ってしまうこともたまにあるんですよね。
よく田舎の道を走っているとガソリンスタンドがなかなかなくて焦ってしまうといった経験をお持ちの方は意外と多いのではないでしょうか。
そういった時に、最悪ガソリンがなくなっても電気で走れるからまあいいか、と考えることができるのはすごく安心感につながります。
なので、こういったことから次に買う車はハイブリッドカーが理想かなぁと思っています。
故障車 買取

1年未満の車の売却について

新しい自動車を購入したのに、1年足らずで売却したいと思ってしまうことは多々あります。買ってまだ1年足らずなので、高い値段で売却することが出来るだろうと思ってしまうのですが、実はそれほど高い値段で売却することは出来ないのです。走行距離が数千キロであっても、新車価格と比べれば、30%から40%は安い値段になってしまうのです。中には1年経過した時点で、半額近くになってしまうものもあります。外車や輸入車などに多いので、これらを売却する時は注意するようにしましょう。
では、なぜ安い値段でしか買い取りをしてくれないのでしょうか。購入した商品を売る時に、買い取った店は、当然ですが、かかった諸費用や利益分を上乗せすることになります。そのため、あまり高い値段で買い取りをすると、諸費用や利益分を上乗せしていった場合、新車価格と少ししか変わらないということになってしまうのです。新車とほぼ変わらない価格で売り出されている中古車を、1年足らずしか乗っていないと言っても、わざわざ選んで購入しようとする人はとても少ないでしょう。
そのため、買い取りをする業者は、新しく買った時の価格の60%から70%ぐらいを相場と考えて、値段交渉をしてきます。1年未満のものを売却しようとする場合、この相場をしっかりと頭にいれた上で値段交渉するようにしましょう。また、電話で問い合わせをした価格よりも、一般的には実際に訪問査定してもらった時の方が高くなる傾向がありますので、しっかりと直接交渉することも大切です。
カーセブン 買取 流れ